おしりニキビができやすい時期ってあるの?

 

嫌なおしりニキビ、おしりニキビはホルモンバランスに左右されやすく、特に女性は生理前後や妊娠中におしりニキビができやすい状態となってしまいます。

「そういえば生理前はお肌が荒れた、おしりがポツポツしているな…」と心当たりのある方も多いのではないでしょうか?

女性ホルモンは、プロゲステロン、エストロゲンの2種類のホルモンがバランスを保っていますが、生理前後はそれが乱れてしまいます。

女性ホルモンで美肌作用のあるエストロゲンが生理前は不活発になり、男性ホルモンに似た働きのあるプロゲステロンが活発化され、皮脂の分泌が高くなり、おしりニキビができやすいホルモンバランスになります。

生理前後以外にも妊娠によってお肌が荒れやすくなり、おしりニキビができてしまいますが、妊娠でホルモンバランスが乱れることが原因です。

特に妊娠初期では、悪阻のためにバランスのとれた食事が摂れず、便秘気味になる、ストレスがかかるなど、おしりニキビが悪化する条件が揃っています。

お肌もボロボロ、辛い悪阻、ポツポツニキビの汚いおしり…妊娠によって気持ちも憂鬱になりがちなのにおしりニキビができたとなると、さらに気が滅入りますよね。

ホルモンバランスによってできるおしりニキビへの対策をご紹介します。

① 血行をよくする

冷え性の女性が多く、生理前後や妊娠中は血行が悪いため、体内の老廃物が排出されず浮腫みがちに。

老廃物を溜めることでおしりニキビができやすいので、半身浴やマッサージによって血行をよくすることが大切です。

冷え性の改善にもつながりますのでおすすめですよ。

② 女性ホルモンを補う食事をする

エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを多く含む豆腐、納豆など大豆製品を摂る様にし、ほうれん草やナッツ類に含まれるビタミンEも女性ホルモンの分泌を促してくれます。

③ ストレス解消

ホルモンバランスとストレスは密接し、生理前に何だかイライラしたり落ち込んだりすることも女性ホルモンの低下と、ストレスによって低下するセロトニンが原因です。
ストレスによって新陳代謝が滞り、ニキビができ悪化してしまうことにつながります。

妊娠中はなかなか思うように動くことができず悪阻で体調も悪いため、ストレスが溜まりやすいので、適度にストレス解消できるように気を付けましょう。

天気の良い日に散歩へ行く、好きな映画を見るなど無理をしない程度に趣味を楽しむことでストレスフリーの生活を過ごすことができますよ。

ホルモンバランスを整え、皮脂の分泌をコントロールすることでおしりニキビの悪化を食い止めることができます。

生理前後、妊娠中はとくにおしりケアに気を付けてきれいなお尻を保つようにしましょう。

 

おしり環境が原因?治らないおしりニキビの治し方