おしりニキビに効く食生活って?早く治すならこれを摂るべし!

おしりにできたぽつぽつニキビがなかなか改善されない場合は食生活を見直してみましょう。

ニキビに対してスキンケアをして外側から保湿ケアすることも大切ですが、毎日の食べ物を見直して内側からケアすることも大切ですよ。

・イソフラボン

おしりニキビができる原因のひとつは乾燥、お肌の潤いを保たなくてはいけません。お米や大豆に含まれているセラミドが保湿ケアに最適です。

大豆といえば、女性ホルモンに似た成分であるイソフラボンが含まれていることで人気ですが、女性によってホルモンバランスを整えてくれるという働きがありおすすめです。

ヨーグルトにも多く含まれ、新陳代謝の活性化にも効果があるため、朝食にヨーグルトを追加するだけでも効果的でしょう。

・ビタミンE

若返りビタミンとして有名なビタミンEも美肌効果が高く、お肌の再生を促進してくれます。フルーツでは、キウイフルーツやバナナなどに多く含まれています。

ヨーグルトに入れて食べれば一石二鳥ですね。

・ビタミンA

免疫力と抵抗力を向上してくれるビタミンAはニキビで悩んでいる方の救世主!

皮膚や粘膜を強くし、細菌感染を防いでくれる効果があり、ニキビに負けない抵抗力のある美肌を目指すなら、ビタミンAが豊富なチーズや卵、人参、ほうれん草などを積極的に摂取しましょう。

特に卵は完全食品と言われているほど栄養素がたっぷり、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、カルシウムが含まれています。ビタミンCと食物繊維は不足していますので別で補うようにしましょう。

・食物繊維

便秘もおしりニキビができる原因のひとつです。老廃物や毒素を身体の中に溜めてしまうことで、腸内環境の悪化、血流不振、自律神経の乱れを引き起こしてしまいます。

おしりニキビに悩まれている方は、便秘の解消のため食物繊維を多く摂る様に心がけてみてください。

食生活からなかなかバランス良く栄養を摂取できない方はサプリメントを活用してみるのも一つの方法です。

反対におしりニキビを悪化させ、肌トラブルを起こしてしまうものは糖質の高いもの、動物性脂肪や添加物が多く含まれたものです。

皮脂が過剰分泌してしまい、毛穴を詰まらせる原因となる可能性がありますので、食べすぎに注意した方がよいでしょう。

保湿をメインにしたスキンケアを行い、食生活の見直しで身体の内側からも保湿ケアを行うことで、ニキビを改善させ肌トラブルを防ぐことができます。

ほんの少し食生活を変えてみることでおしりニキビの改善や肌質の変化に驚くはずですよ。

 
げっ!おしりニキビから膿!?放っておいていいの?