悩みにサヨナラ!おしりニキビがかゆいときの治す方法おすすめ3選

 

出来てしまったぽつぽつおしりニキビ…「おしりがかゆい!」とついついかいてしまい、ニキビを悪化させることもありますよね。

ここでは、かゆいおしりニキビを治すおすすめの方法をご紹介します。

① 保湿ケア

ニキビができる原因は肌バリアが崩れ水分が蒸発してしまっていることです。保湿ケアを行い、肌バリアをしっかりと守りましょう。

おしりニキビには、おしり専用の化粧水や美容液が効果的です。添加物が入っているものを使用することで、刺激となりさらにかゆさが悪化するおそれがありますので、無着色、無添加のものを選ぶことで刺激なく使用することができますよ。

おしりニキビを治そうとお風呂でゴシゴシ洗っている方は要注意。

肌から皮脂をとりすぎてしまい、毛穴がつまってしまうこともニキビの原因となりますので、ふわふわと泡立てた泡で優しく洗い油脂をとりすぎないように注意しましょう。

② クーリング

かゆいときには冷やす!蚊にさされたときも冷やしている方は多いのではないでしょうか。
おしりニキビも同じ、家で簡単にでき、即効性もあるのでぜひ試してみてください。

かゆい部分を冷やすことで、かゆみの原因となるヒスタミンの分泌を抑えることができ、かゆさを感じる神経が静まってくれることでかゆみが軽減します。

冷水で濡らした冷やしタオルをあてることも効果的ですが、保冷剤をかゆい部分にあてて冷やすのも簡単でおすすめですよ。

③ 通気性の良い下着

おしりが蒸れている状態が続くと、おしりニキビができやすく、かゆみの原因となります。

パンティラインにニキビができていてかゆみがあるなら、パンティラインの擦れが原因の可能性も。オーガニックやコットン素材の下着やおしりにあったサイズの下着を身につけましょう。

それでもかゆみが収まらないようなら、洗剤や柔軟剤を無添加のものにしてみてください。

香りの強い洗剤や柔軟剤が原因となっている可能性もありますよ。

④ 温めすぎない

高い温度のお風呂に長時間入ることで、ニキビ部分の血行が良くなりかゆみが強くなってしまいます。

おしりニキビのかゆみが強い間は、少し温度を下げて適度な時間で入浴しましょう。

かゆいからといって掻いてしまうのは絶対にやめましょう!掻き傷から雑菌が入り、かゆみが悪化し、黒ずみの原因となってします。

毎日身に着ける下着やちょっとしたケアで改善できるおしりニキビのかゆみ。

まずはしっかりとおしりの保湿ケアと清潔を保ち、かゆくて眠れないほどでしたらニキビの部分を冷やしてみてくださいね。

毎日の生活習慣を見直して嫌なおしりニキビをやっつけましょう!

 

痛いおしりニキビを早く治す裏ワザまとめ!