【種類別に解説!】おしりのニキビ跡をきれいに治すには?

 

おしりのぷつぷつニキビは治ったけれど、ニキビ跡がいつまでたっても治らない…そんな悩みを抱える女性は多くいらっしゃいます。顔に比べて角質が分厚く、皮脂の分泌も多いおしりは、ニキビができやすい場所のひとつでもあります。

おしりにできてしまったニキビ跡を治すにはどのような方法があるのか、ニキビの種類別にご紹介します。

① 赤みのあるニキビ跡

赤みのあるニキビ跡は表面ニキビの炎症は鎮静化したものの、ニキビ内部での炎症があり赤みが残っている状態です。時間がたつにつれて、消えたり薄くなったりしますが、完全に炎症が消えるまでは個人差がありなかなか消えない方もいらっしゃいます。

赤みニキビ跡を治すには、肌のターンオーバーを活発にすることで治りやすくなるといわれています。

ビタミンC誘導体配合の化粧水、美容液などで保湿ケアすることで赤みを抑え、皮脂の分泌を抑えてくれますので、ニキビ跡の改善とともに新しいニキビができることを防いでくれます。

② しみになってしまったニキビ跡

ニキビが炎症し、紫外線などによるメラニン色素が原因となりニキビ跡が色素沈着を起こし、しみのようになってしまうことがあります。

新陳代謝が不活発であることがしみニキビとなってしまいますので、肌のターンオーバーを促し、色素沈着を改善させましょう。

しみ改善に効果的な美白効果のある化粧水や美容液がおすすめです。

色素沈着を起こしている部分を強くこすってしまうと刺激になりさらに悪化してしまうおそれがありますので、しっかり泡立てたせっけんで優しく洗いましょう。

③ でこぽこになってしまったニキビ跡

ニキビの炎症が強く重度に化膿してしまった場合など、肌の真皮層まで傷ついてしまいニキビ跡がでこぼこに残ってしまう場合があります。

でこぼこになってしまったニキビ跡は、自身で治すことは難しいため、レーザー治療やケミカルピーリングなどのクリニックでの治療をおすすめします。でこぼこした部分を目立たせなくする、くぼみを盛り上げるなど行います。

そのため、ニキビを悪化させず、でこぼこニキビを作らない!ということが大事です。

ニキビを改善させる方法のひとつであるターンオーバーは、規則正しい生活によって活性化させることができます。バランスのとれた食事、適度な運動、質の良い睡眠を見直すことでニキビを作らない、ニキビができたとしても早い段階で改善させることが可能です。

質の高いターンオーバーで美尻ケア始めてみましょう。

 

痛いおしりニキビを早く治す裏ワザまとめ!