痛いおしりニキビを早く治す裏ワザまとめ!

2017年12月11日

 

おしりってなかなか見ないし気にしない場所ですが…男性にはよく見られているポイント。

せっかく男性といい雰囲気になってもプツプツニキビがおしりにあると、いい雰囲気も台無しですよね。

男性は肌触りの良いぷるるんとしたおしりが好みだそうですが、おしりのケアまでしている女性はなかなか少ないものです。

おしりにきびの原因と対策を4つご紹介します。

原因①ショーツやナプキンが刺激になり荒れてしまう

肌に合わないショーツやナプキンは肌に悪影響を与え、身体がかゆくなり、かぶれてしまう、おしりニキビができてしまうこともあり、特に生理中はホルモンバランスの乱れから肌のバリア機能が低下し敏感肌となってしまう女性が多くいらっしゃいます。

ポリエステルなどの化学繊維のショーツはデザインも良く、安価なのでどうしても選びがちですが、通気性が悪く蒸れの原因となってしまいます。

通気性が良く、肌触りの良い綿100%のショーツがおすすめです。

ナプキンでムレやすくかぶれる方は肌に優しい布ナプキンがありますのでぜひお試ししてみてください。

原因②ボディソープの洗い残しがある

肌を清潔に保つボディソープやせっけんですが、洗う残しがあると毛穴がつまりにきびの原因となります。

しっかりと泡立て、泡を崩さないよう優しく洗い十分にすすぎます。

また、シャンプーやリンスの洗い残しもおしりにきびの原因のひとつですので、髪を洗ってから身体を洗うなど順番にも気を付けましょう。

原因③不規則な食生活

おしりにきびも身体にできるニキビと同じで食生活は大きな原因となります。

皮膚の再生を活性化してくれるビタミンB2(納豆や牛乳、ほうれん草など)、皮膚を滑らかにしてくれるビタミンC(レモン、オレンジ、ブロッコリーなど)、この2つの栄養素を積極的に摂るように意識しましょう。

原因④おしりに負荷がかかっている

長時間のデスクワークをしている方は特におしりに体重の負荷がかかってしまっています。肌への刺激を少なくするため、クッションや座布団を使いましょう。

通学や通勤で自転車を使用している方は、サドルの加圧と振動も原因となります。サドルの加圧を防止するため、低反発のカバーをつけることもおすすめです。

おしりにきびを作らずぷるるんおしりを目指すには、おしりを清潔に保つことと、保湿ケア、バランスのとれた食生活が大切です。

おしりににきびができてしまった場合は、なるべく刺激を与えず優しくケアすることが大事です。

毎日の生活の中でできることから始めてみましょう。

 

なお、おしりニキビを改善するにはヒップルンという薬用クリームがとてもおすすめです。

以下のサイトにヒップルンの詳しいレビューや感想、口コミ、購入方法などが載っているので、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

ヒップルン薬用ホワイトクリームのレビューについて